ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ
100s ツアー公式ブログ The Tour of OZ
100s初の全国ツアー"The Tour of OZ"! どこよりも早く、会場の熱気をお伝えする同行マネージャーによるツアー・ダイアリーです!
100s
100s
100s
100s
100s
BLOG PROFILE TOUR SCHEDULE
BLOG
以前の記事
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月


最新のトラックバック
・100s祭り 4
from 妄想★ノールックパス
the Tour of ..
from 近代音楽白樺派
ヒャクスタ~なんだな~
from がんばれ一義くん
★ファイナル★“The ..
from カタストロフィワールド
THEイナズマ戦隊
from マヨヒガ
9/26 ★100s O..
from 妄想★ノールックパス
100s LIVE@Ze..
from 音楽好きGolfⅢオーナーの..
お疲れ様でした★
from My Favorites
100s
from プチ☆レポ
Happy Birthd..
from こにーのblog "Doow..


ファン


記事ランキング


ブログジャンル


画像一覧


* <   2005年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧
* “The Tour of OZ#” IN Zepp Tokyo2日目 レポート
d0056235_144845.jpg

d0056235_02619.jpgd0056235_032732.jpg
d0056235_034512.jpgd0056235_035411.jpg
d0056235_04581.jpgd0056235_03670.jpg
d0056235_032642.jpgd0056235_034081.jpg
d0056235_05377.jpg

会場の皆さんと、かけがえのないライブを創り上げることができました!“The Tour of OZ#” IN Zepp Tokyo 2日目無事幕を閉じました!皆さん、ありがとうございました!


【メンバーセレクトの会場BGM (Zepp Tokyo2日目)】
「Helpless」 The Band (玉田豊夢)
「Coincidentlly」 Smokey Robinson (山口寛雄)
「NEWS」 LOST IN TIME (町田昌弘)
「Inspiration」 Gipsy Kings (池田貴史)
「True Colours」 Leatherface (小野眞一)
「Neighborhood#2(Laika)」 The Arcade Fire (中村一義)

 

 そして、“The Tour of OZ”“The Tour of OZ#”と続いてきた旅も、幕を閉じることになりました。毎回、様々な表情を見せる素晴らしいライブを、会場の皆さん・メンバー・スタッフ一丸となって創りあげることができました!どの公演の、どの瞬間にもたくさんの想いがつまっていて、とても今の気持ちを言葉ではうまく表現しきれません。そこで、皆さんと創りあげた瞬間の写真をたくさん見ていただけたらと思いました。皆さんと創った2度とは来ない瞬間の1つ1つに最大級の感謝を込めて・・・ありがとうございました!

d0056235_05021.jpg

 
そして、このブログを楽しみにしてくださった皆さん、ありがとうございました!
また皆さんにお会いできる日を楽しみにしています!!
[PR]
by 100sblog | 2005-09-29 01:58
* “The Tour of OZ#” IN Zepp Tokyo 初日 レポート
会場の皆さんの歓声の中、「東京に戻ってきました!」との掛声で始まったZepp Tokyo 初日!会場内の空気も一気に熱を帯びます!!

d0056235_1751432.jpg
あの曲では、「皆もやりたい?」との池ちゃんの誘いに、会場の皆さんも参加して“ニャーオ”(会場の皆さん揃っての“ニャーオ”は圧巻でした(笑)。)・・・ではなく、手拍子の往来!!ますますメンバーも会場の皆さんもひとつの塊となっていきます!

d0056235_17495252.jpg
アンコールでは、スペシャルゲスト!小谷美紗子さんの登場です!会場の皆さんの歓声はさらに大きく!!ライブはさらに熱気をまして、盛り上がります!!


そして、「ありがとう!」の言葉でメンバーはステージを後にしました。皆さんと素晴らしいライブを創り上げることができました!
d0056235_17503648.jpg
“The Tour of OZ#” IN Zepp Tokyo 初日、無事幕を閉じました!皆さん、ありがとうございました!

“The Tour of OZ#”も本日のZepp Tokyo 2日目をもって千秋楽を迎えます!!!
現在、メンバー・スタッフ共、会場でリハーサルの真っ最中です!!それでは皆さん、一緒にライブを創りましょう!!


【メンバーセレクトの会場BGM (Zepp Tokyo 初日)】
「Children Of The Revolution」 T-Rex (中村一義)
「Cut Your Hair」 Pavement (小野眞一)
「(not just) Knee Deep」 Funkadelic (池田貴史)
「Shoot'n Up And Gett'n High」 Me'Shell Ndegéocello (山口寛雄)
「One Rainy Wish」 The Jimi Hendrix Experience (玉田豊夢)
「ライン」 LOST IN TIME (町田昌弘)
[PR]
by 100sblog | 2005-09-26 18:02
* “The Tour of OZ#” IN Zepp Nagoya レポート
開場前の楽屋にて、小野ちゃんは名古屋で見つけたという戦利品を片手にご満悦の様子。それは、取っ手をくるくる回すと懐中電灯が充電できるという防災グッズ!しかも、携帯電話も充電できるらしいのです!その横で、ヒロくんは小野ちゃんから借りたという携帯ゲームに夢中です。豊夢くんは、タバコを吸いつつ柔軟体操・・・と、メンバーは思い思いに楽屋での時間を過ごしています。こういった何気ない行動によって、緊張している気持ちをほぐし、ライブへ向けての精神統一をし、本番に挑みます。

そして、開演1分前。
メンバーは、いつもステージに出る前に円陣を組んで気合を入れます!
d0056235_0381386.jpg


「 ■○△◎●□▼~!!」
(何といっているのでしょう?!)


d0056235_0382993.jpg


いざ、ステージへ!


「名古屋、行くぜ!用意はいいか!!万博に負けるな!!!」という池ちゃんの一声で始まった“The Tour of OZ#” IN Zepp Nagoya!
池田「名古屋の手拍子を見せてくれ!そんなんじゃまっちぃはギターソロを弾けないぜっ!!」その声に会場の皆さんは手拍子で応戦します!!そしてまっちぃのギターソロへ!!会場の熱はどんどん上がっていきます!

d0056235_0401698.jpgMCでは、中村くん「名古屋に来たら、“コメダ珈琲”しか行かないもん!」の1言に会場の皆さん大爆笑。(※“コメダ珈琲”とは、名古屋を中心に展開している喫茶店です。コメダの字体が筆字っぽくてよい!(メンバー談)。)すかさず、池ちゃん「俺は、必ず“すがきや”に行くの。ラーメンとソフトクリーム、交互に食う!ホット!クール!・・・でも1番ホットなのは、名古屋のお客さんですよ!!」と1言。会場の皆さんは大歓声!!


d0056235_040622.jpg ここから、さらに会場の熱は上がり続け、小野「最高でした!」、町田「すごいな、名古屋は!!」、中村「また、来るからね!!」との言葉を残し、メンバーはステージを後にしました。皆さんと”2度とはない”ライブを創り上げることができました!
“The Tour of OZ#” IN Zepp Nagoya、無事幕を閉じました!皆さん、ありがとうございました!

そして“The Tour of OZ#”も残すところあと2公演となりました!!長期のツアーで体調を崩したりと、すでに疲れすらも通り越しているメンバー&スタッフですが、2公演ともに完全燃焼で望みます!
100sが次に向かうのは“The Tour of OZ#” IN Zepp Tokyo!それでは皆さん、一緒にライブを創りましょう!!

【メンバーセレクトの会場BGM (Zepp Nagoya)】
「Another World」 Richard Hell (小野眞一)
「Psycho Killer」 Talking Heads (中村一義)
「Sweet Seasons」 Carole King (山口寛雄)
「California Earthquake」 Mama Cass Elliot (玉田豊夢)
「Stand」 Sly & The Family Stone (町田昌弘)
「Musicology」 Prince (池田貴史)
[PR]
by 100sblog | 2005-09-23 03:02
* “The Tour of OZ#” IN Zepp Osaka 2日目レポート
d0056235_1472923.jpgd0056235_1485997.jpg

「今日も力いっぱい頑張りますので、皆さん、どうかよろしくお願いいたします!」という池ちゃんの1言が象徴するように、1曲1曲、気迫のこもった歌と演奏で魅せていく100sメンバー。それに応える会場の皆さんの気迫が織り交ざって、ライブは進行していきました!

なんと!今日のアンコールには・・・スペシャルなゲストが登場するとの事!
メンバーが会場の皆さんにヒントを出します。
「お寺でライブをしました!」
「アルバム“OZ”のレコーディングにも参加してます!」
「女性です!」

そして、いよいよ登場!

「小谷美紗子さんです!!!」

d0056235_15142888.jpg
その瞬間、会場の皆さんから大きな拍手と歓声が沸き起こります!!
中村「ごめんな、長い紹介で(笑)!」
小谷「・・・出づらかった・・・(爆笑)。」
そしていよいよ美紗子ちゃんも加わり、アンコールの曲が始まりました!

美紗子ちゃんの歌声が会場を包み込みます。歌い、時には手を上げ、皆さんを魅せていきます。

その後、盛り上がりに盛り上がり、“The Tour of OZ#” IN Zepp Osaka 2日目、無事幕を閉じました!
d0056235_1415103.jpg

美紗子ちゃん、メンバー、会場の皆さんとで、スペシャルなライブを創り上げることができました!
皆さん、ありがとうございました!

【メンバーセレクトの会場BGM (Zepp Osaka 2日目)】
「Love Secrets」 Nicola Piovani (町田昌弘) 
「Go Go Round This World!」 FISHMANS (池田貴史)
「So Damn Lucky」 Dave Matthews (玉田豊夢)
「We Got To Have Peace」 Curtis Mayfield (中村一義)
「THE SPACE BETWEEN」 ZERO7 (山口寛雄)
「High School」 Lou Barlow  (小野眞一)



そして!100sが次に向かうのは“The Tour of OZ#” IN Zepp Nagoya!
現在、メンバーも会場内でライブに向けての準備を進めています!!
それでは皆さん、一緒にライブを創りましょう!!
[PR]
by 100sblog | 2005-09-20 16:20
* “The Tour of OZ#” IN Zepp Osaka 初日 レポート
“The Tour of OZ#”も今回のZepp Osaka 初日で折り返し地点! 
長期間のツアーでメンバーの疲労もピークに達している状況が続いていますが、メンバー全員、毎ライブ完全燃焼で望んでいます!!

d0056235_184122.jpg開場前、ロビーではスタッフ・馬渡さんが物販コーナーの準備に大忙し!1枚づつ丁寧に並べられていきます。そしてそんな慌しいロビー内にも、リハーサル中のメンバーの演奏が響いてきます。
しかし、その後、トラブル発生!リハーサルに時間がかかり、17時から遅れて17時20分開場となりました。



d0056235_1845017.jpg
皆さん、お待たせしました!いよいよ開場です!

「お待たせっ!!大阪!今日は2DAYSの1日目です!明日に負けるなよ!!」
という池ちゃんの雄叫びとともにライブスタート!!会場の皆さんも、待ち焦がれた気持ちを吹き飛ばすような歓声を送ります。

MCでは、中村「素晴らしいっ!さすが大阪だ!・・・でも実は俺、昨日、風邪引いちゃって・・・。」
と池ちゃんに引き続き、中村くんも風邪を引いたことが発覚!
中村「でも直ったの、今日!!こんなんじゃ皆に会えないと思って、市販の風邪薬を6袋位飲んで・・・。」
・・・。中村くん、それは明らかに飲みすぎ!
すると、まっちぃまで・・・「俺も昨日風邪ひいたの!葛根湯、4本飲んだ!」と1言・・・。(皆さん、薬品の容量は守って正しく使ってくださいね!!)


d0056235_1862983.jpg中村「皆、いいライブを創りあげましょう!!!」の言葉どおりのパワーでメンバーは突き進み、会場の皆さんも一丸となって、ライブはさらなる盛り上がりに突入!!
豊夢くんもドラムで会場の皆さんの熱気に答えます。

アンコールでは、
池田「皆も歌いたいよね?」という1言に、会場の皆さんが拍手で答えると・・・何故か池ちゃんが「スネちゃった。」と・・・。そんな池ちゃんにすかさず、小野「へそを曲げたポイントがわかんねぇよっ!」と突っ込みが!

 その後、さらなる盛り上がりを見せ、「最高だった!」と1言残し、メンバーはステージを後にしました。メンバーも会場の皆さんも一丸となって、パワフルなライブを創り上げることができました!

“The Tour of OZ#” IN Zepp Osaka 初日、無事幕を閉じました!
皆さん、ありがとうございました!

終演後、そのままホテルに戻り、明日のライブに備えて打ち上げは無し。
各自、部屋でゆっくり休養をとりました。

【メンバーセレクトの会場BGM (Zepp Osaka・初日)】
「Let's Stay Together」 Al Green (池田貴史)
「お世話になりました」  井上 順 (中村一義)
「Sweet Reunion」  Kenny Loggins (山口寛雄)
「Right Here, Right Now」 Jesus Jones (小野眞一)
「Lookout 31」 Derek Trucks Band (町田昌弘)
「The Night They Drove Old Dixie Down」 The Band (玉田豊夢)



そして!!
本日は、“The Tour of OZ#” IN Zepp Osaka 2日目!
現在、100sメンバー・スタッフとも、会場にてライブに備えてのリハーサルを終え、いよいよ開演します!
それでは皆さん、一緒にライブを創りましょう!!
[PR]
by 100sblog | 2005-09-18 18:08
* “The Tour of OZ#” IN Zepp Fukuoka レポート
「あいかわらず飛ばしすぎなんだよ!福岡って土地はよぉ!」
と、まっちぃから出るくらい、会場の皆さんのノリも飛ばしまくりでライブはスタート!!

今日のMCは・・・、なんと!風邪を引いてしまった池ちゃんの代わりにヒロくんがしゃべるという事件が!!
中村くんから、「今日は池ちゃんが風邪を引いちゃったんだよね。」と話をふられた池ちゃん、「そう、今日、熱を測ったら、82度あったんだよね(笑)。なので、今日は俺の変わりにヒロくんにしゃべってもらおう!」
会場の皆さんも、ヒロくんに“話して!”と言わんばかりの大きな拍手を送ります!
山口「・・・前、向けません、ちょっと・・・。」
次の1言を待っているせいか、会場に沈黙が走り、ヒロくんも「・・・。」。すかさず中村くんが1言「・・・ふてくされんなよ(笑)!」。山口「・・・元気ですか、皆さん。」普段、MCでほとんど話さないヒロくんがしゃべったとあって、会場の皆さんは大盛り上がり!!

d0056235_22313035.jpg
ライブが深く進むにつれ、会場のノリもさらにヒートアップ!
そんなテンションの中、池ちゃんとまっちぃが、いきなり楽器を使って宇宙と交信し始めました(笑)。何も語らず、ひたすら宇宙と交信を続けている2人に、思わず小野ちゃんは「・・・しゃべってよ!」と一言。
今日は、まっちぃ曰く「素のメンバーが見られておりますっ!」というMCになりました。

「私事ですが、風邪もすっかり良くなりました!!82度あった熱が、75度まで下がりました!」
池ちゃんの熱も下がるぐらいの熱気を受けて、メンバーはステージを後にしました。
メンバーも会場の皆さんも、最初から最後まで“飛んで!跳ねて!”と、どこまでも上がっていくライブを創り上げることができました!

そして、“The Tour of OZ#” IN Zepp Fukuoka、無事幕を閉じました!
皆さん、ありがとうございました!

打ち上げの場所は、懐かしの“長浜の屋台”!
d0056235_22315169.jpg

・・・実は、2年前の博愛博の時、この“長浜の屋台”を舞台にとんでもない“悪夢(?)”が・・・。
店員さんに「灰皿ください!」と言った時の返答『灰皿?無いよ。地球だよ。』を聞いて、すっかり気が大きくなったのか(笑)、お酒の飲めない池ちゃんが深酒をして酔いつぶれ、お酒を飲んでもほぼ普段と変わらない“酒豪”中村くんですら酔っ払ってホテルの廊下で倒れ・・・。瞬時にメンバー全員泥酔・・・という“悪夢(?)”が起こったのであります! “悪夢再来?!”と、嫌な予感が一瞬頭をよぎったのですが、さすがのメンバーも今日はスローペースで飲み始めて、スタッフ一同、一安心。
d0056235_22321394.jpgそんなメンバーのテーブルにスタッフ・武田さんがやって来ました。武田さんの着ているロックTシャツをきっかけに、話の流れは音楽のことに。飲んでいる時でも、いつも最後には音楽の話をしています。
心地よい風の吹く月夜の中で気持ち良くお酒を飲みながらも、気持ちは次の地に向け精神統一しています!
100sが次に向かうのは“The Tour of OZ#” IN Zepp Osaka!
それでは皆さん、一緒にライブを創りましょう!!

【メンバーセレクトの会場BGM (Zepp Fukuoka)】
「YOU MAKE ME (ALBUM VERSION)」 Monday Michiru (山口寛雄)
「Buon Giorno Principessa」 Nicola Piovani (池田貴史)
「I Got Rhythm」 Ethel Waters (中村一義)
「Yankee Rose」 David Lee Roth (町田昌弘)
「New Coat Of Paint」 Tom Waits (玉田豊夢)
「Son Of A Gun」 The Vaselines (小野眞一)
[PR]
by 100sblog | 2005-09-16 22:34
* “The Tour of OZ#” IN Zepp Fukuoka 間もなく開演です!
只今、メンバーは、Zepp Fukuoka にてライブに向けての準備の真っ最中です。
というわけで、メンバーの様子や会場の様子をお伝えします!

d0056235_1764163.jpg

現在、メンバーがリハーサルをしている開場前のZepp Fukuokaです。
今、殆ど人のいない会場は、ガランとしていて、半そでを着ていると少し寒く感じるくらいです。ですが、1時間後、ココにたくさんの方が集まると、とても同じ場所とは思えないくらいの熱気に包まれることでしょう!!

そして、間もなく“The Tour of OZ#” IN Zepp Fukuoka 開演です!
[PR]
by 100sblog | 2005-09-15 17:08
* “The Tour of OZ#” IN Zepp Sendai レポート
皆さんの熱い拍手が会場内に響き渡り、メンバー登場!ライブが始まりました!!会場の温度がどんどん高まっていく中、池ちゃんが「仙台!お久しぶりです!!今日は(“The Tour of OZ#”)2日目ですよ!2日目というのは何が起こるかわかんねーんだぞ!用意は出来てるか!!!」と、会場の皆さんをあおり、それに答える大きな歓声が会場に広がります!
思わず、中村くんから「皆のノリはすごい!・・・こちらは、もう30なんでね(笑)。」と言葉が出るくらい、会場の皆さんも飛ばします!

d0056235_0592760.jpgまっちぃの「・・・緊張するねぇ(笑)。」という言葉を境に、ライブは更なる深みに進行。
ヒロくんは言葉では語らずとも、ベースで語り続けます。

MCでは、池ちゃんの「かっさんは自分で髪切るんだよ!」という1言で会場からどよめきが起こり、流れはすっかり“髪の毛”の話題へ。町田「トムも自分で髪切るんだよね?」 玉田「うん。」 中村「同じバンドに(自分で髪切る人が)2人もいるなんてね。」 池田「小野ちゃんは?」 小野「俺は誰かしらに切ってもらうねぇ・・・。美容院に入ったこと無いねぇ。・・・けど、さっきから、驚きというかブーイングになってるのが(笑)気になる・・・。」と、ここで、会場大爆笑!

そして、さらにライブは一体感を増し、皆さんと熱いライブを創り上げることができました!会場の皆さんの高く掲げられた拍手の海の中、メンバーはステージを後にしました。

d0056235_11913.jpg

というわけで“The Tour of OZ#” IN Zepp Sendai、無事幕を閉じました!
皆さん、ありがとうございました!


今日の打ち上げ、乾杯の音頭は小野ちゃん!「・・・お疲れ様でした!」
d0056235_13650.jpg
今日の打ち上げの席は“小野DAY”と題されました。ライブでの暴れっぷりを考慮してなのか、小野ちゃんが10年来探していたという本を仙台の古本屋さんで見つけた(!)からなのか、乾杯の音頭がよかったから(?)なのか・・・。いきなり!メンバーが口々に「小野ちゃん、お誕生日おめでとう!」と言い始め、「♪ハッピィ~バースディ~~♪」と歌いだし、みんなの声に「ありがとうっっっ!」と答える小野ちゃん。・・・でも小野ちゃんの誕生日は1月!!今日じゃないから!
d0056235_133016.jpg・・・その後、“The Tour of OZ#”から参加した最年少スタッフ・高橋くんがメンバーの集まるテーブルの横にそっとやってきました。小脇には日本酒の一升瓶が!その日本酒を、メンバーのグラスに注ぎいれると、さらに酔いは加速の一途へ向かい、”小野DAY”は夜深くまで続きました。良いライブをすると、お酒もすすんで、酔いも深まります。たくさん話をして、絆をより深め、メンバー・スタッフ共々、次のライブへ向け気持ちを高めていきます!
100sが次に向かうのは“The Tour of OZ#” IN Zepp Fukuoka!
それでは皆さん、一緒にライブを創りましょう!!

【メンバーセレクトの会場BGM (Zepp Sendai)】
「You Can Have Me Anytime」 Boz Scaggs (山口寛雄)
「Thank You」 Led Zeppelin (町田昌弘)
「メルト」 エレキブラン (小野眞一)
「Melting Pot」 Booker T. & The MG's (玉田豊夢)
「Gloria」 Them (中村一義)
「Oh Lord, Why Lord / Prayer」 Parliament (池田貴史)
[PR]
by 100sblog | 2005-09-13 01:53
* “The Tour of OZ#” IN Zepp Sendai 間もなく開演!
只今、メンバーは、Zepp Sendai にてライブに向けたリハーサルを終えたばかりです!
というわけで、ここで、メンバーの様子や会場の様子ををお伝えします!

d0056235_17255460.jpg今日は、ある曲(今は秘密です!)の照明のリハーサルを行ないました。今回のリハーサル終了の挨拶は小野ちゃん。「がんばっていきましょう!よろしくお願いします!」町田「いぇ~い!!」の言葉で、ステージを後にしました!


d0056235_17281632.jpg
リハーサル終わりの楽屋でも、玉田「中村くん、テンポ早くない?」中村 「大丈夫だよ!」池田「ゆったりめにいこうかなと思ってるよ。」と、本番に向けて意識を高めていくメンバー。


d0056235_17293513.jpgその後、スタッフがなにやらプレートを持ってきました。どうやら、このプレートにメンバーのサインをして、“The Tour of OZ#”機材トラック(先日のブログにも出てきた黄色いトラックです!)に貼り付けよう!という提案。早速メンバーがサインしました!そのプレートはこちらです!
d0056235_17285427.jpg






・・・といった雰囲気の中、“The Tour of OZ#” IN Zepp Sendai 間もなく開演です!
[PR]
by 100sblog | 2005-09-11 17:35
* “The Tour of OZ#” IN Zepp Sapporo レポート
100s、初・北海道ライブ!ということで、メンバーの登場を、今か今かと会場の皆さんが待ちわびている空気が、ひしひしと伝わってきます。
そして、100sメンバーがステージ上に現れた瞬間!
「待ってました!!」という気持ちをのせた熱い拍手が会場内に響きました。
今までの思いを果たすべく、出だしからメンバーも会場の皆さんも飛ばします!

d0056235_22584264.jpgMCでは、中村くんが、「やっと来れました!最高です、皆さん!」と歓喜の一言を叫んだ後、「北海道は、某車メーカーのCM (中村くんが友人と出演したCM)のためにロケに来た以来。だけど天気が・・・(略)。」と、ここにはちょっと書けない毒を吐きます(笑)。
「言わない!そういうの言わないのっ(笑)!!」とすかさず池ちゃんの突っ込みが!

池ちゃんの「初日、関係ないからね!1本1本、最終日のつもりでやるんで!よろしく!」の1言でさらにライブは深く深く進みます。

そして、さらにグッとあがっていく会場内のエネルギー!

アンコールでは『池田貴史、ギターを弾く?!』かと思いきや・・・
d0056235_22594982.jpg

・・・それ、ほうきですよ。
そこで、まっちぃは池ちゃんのほうき演奏をギターでサポート。池ちゃん、なんとかほうきを弾きこなしました(笑)。

そして勢いは更に加速し続け、皆さんの大きな歓声の中、メンバーはステージをあとにし、100sはようやく北海道の地で、皆さんとライブを創り上げることができました!

d0056235_2302820.jpg終演後、今日もまっちぃは物販コーナーへ。
今日のまっちぃのお手伝いは“TシャツをOZバッグに入れる”事。皆さんとお話や握手をしながら、1つ1つ気持ちを込めてTシャツを入れていきます。まっちぃは、あまりの列の長さに「ビックリした!」とのこと。

というわけで“The Tour of OZ#” IN Zepp Sapporo、無事幕を閉じました!
皆さん、ありがとうございました!



打ち上げ会場にはメンバーが先に到着。1時間以上たってから、ようやくスタッフさん達がやって来ました。メンバーがスタッフさん達に「(大変そうだったけど、)どうしたの?」と聞くと、「地球が・・・。」と1言。
『地球』とは、アルバム『OZ』のジャケットに使用され、各会場のロビーに飾られる予定の“地球儀”のこと。実はかなりの大きさで、しかも真っ二つにしか分解ができないんです。
なのでスタッフさん達は、地球儀を入れると機材が入らず、機材を入れると地球儀が入らずという状況の繰り返しで、トラックへの積み込みににかなり悪戦苦闘したよう・・・。
スタッフ曰く「(身振り手振り)あー倒して、こう倒して、こう横にして、最後、『エイッ!』と押し込んじゃった(笑)。」。・・・地球儀も大変ですが、それ以上にスタッフさん達も大変だったことと思います。本当にお疲れ様でした!
d0056235_2321183.jpg


d0056235_2323153.jpgそしてスタッフさん達の合流後、豊夢くんはスタッフ・岸さんと、今日のアンケートを読みながら、次のライブに向けての話をしていました。
そうです!100sが次に向かうのは“The Tour of OZ#” IN Zepp Sendai!メンバーの気合もますます高まりを見せています!
それでは皆さん、一緒にライブを創りましょう!!


【メンバーセレクトの会場BGM (Zepp Sapporo)】
「Too Late」 Snuff  (小野眞一)
「That's the Way It's Gotta Go」  Hirth Martinez  (玉田豊夢)
「Rock A Doodle Do」 Linda Lewis  (中村一義)
「チャイナタウン」 矢沢永吉  (町田昌弘)
「Chameleon」 Herbie Hancock  (池田貴史)
「Annie Waits」 Ben Folds  (山口寛雄)
[PR]
by 100sblog | 2005-09-10 23:35
RELEASE
「10Oz.」3,800(税込)  購入する
100sメンバーで初めてレコーディングした中村一義ソロ名義でのシングル「キャノンボール」から、100sとしてのシングル「A」「Honeycom.ware」の5曲のミュージックビデオクリップに加え、アルバム『OZ』の試聴会用に制作されたイメージビデオまでを収録した、100s初の映像作品集!

[収録曲]

1.キャノンボール
    ミュージックビデオクリップ

2. セブンスター
    ミュージックビデオクリップ

3. 新世界
    ミュージックビデオクリップ

4. A
    ミュージックビデオクリップ

5. Honeycom.ware
    ミュージックビデオクリップ

6. ここが果てなら
    『OZ』試聴会用イメージビデオ

7. やさしいライオン
    『OZ』試聴会用イメージビデオ

8. 扉の向こうに
    『OZ』試聴会用イメージビデオ

9. K-ing
    『OZ』試聴会用イメージビデオ

10. またあした
    『OZ』試聴会用イメージビデオ

Bonus Track バハハイ

「OZ」3,150(税込)  購入する
LINK
その他のExciteMusicブログ
ダウンロード購入 CDを購入 CDを購入